KLS RECRUIT2021INTERVIEW社員インタビュー

ダイナミックで面白いロジスティクスが自らを成長させてくれる

Profile宮本 繁大SHIGETA MIYAMOTO

京都営業所 彦根分室
2005年入社 経営情報学部 経営情報学科

システム化された
物流センターを目指し日々改善

滋賀県にある彦根分室の責任者として、半導体製造装置メーカーのお客様の物流システムの一翼を担っています。
半導体装置を生産するための部品を各工場から調達して倉庫に一旦保管し、お客様の工場に納品。さらに完成した製品を輸送する仕組みを複数の工場とネットワークを組み合わせて構築し、今も日々、改善しています。
将来的には更にシステム化された物流センターを構築してお客様の事業を支援していきたいと考えています。

宮本 繁大

ここでなら
自分の個性が発揮できる

学生時代はアメリカンフットボールをしており、当時は会社にチームもありましたし、大学の先輩も在籍していた関係もあって入社を決断しました。
生まれは兵庫県で大学までずっと関西で暮らしていたので「勤務は東京になる」と言われて少し不安もありましたが、入社前に見学した東京の営業所の雰囲気が良くて、「ここでなら気兼ねなく自分の個性が発揮できるだろう」と考えて入社しました。実際に働き始めてから、その時の決断は間違いがなかったと感じました。

宮本 繁大

お客様からも会社からも
認められた瞬間

やはり会社から評価された案件は今でも忘れられません。
あるお客様から相談をいただき、情報漏洩のリスクがある貨物に対し当社の「プロテクト(個人情報)貨物輸送」を提案しました。当然、それを実現するためには輸送のオペレーションも変わるので所長をはじめ業務チーム、システム部、オペレーションセンターなど様々な部署の協力をいただいたことを今でも鮮明に覚えています。それがお客様に認められ、「本部長賞」を受賞することができました。

宮本 繁大

やりがいを引き出せる
営業所を目指して

今後の目標は私のミッションである彦根分室のプロジェクトを成功させて、営業所に昇格させることです。 分室ながら作業員を含めると総勢60名のチームになります。作業員一人ひとりのスキルを向上させるために、人材育成や技術指導に力を入れて、チーム全員がやりがいを感じられる職場にしていくのが、分室長の私の使命だと考えています。 簡単な目標ではありませんが、達成に向けて今後も日々チャレンジしていきたいと思っています。

CAREER STEP

キャリアステップ

入社時
品川営業所に配属され、輸送の基本的なスキルを身につけることに没頭。所長をはじめ先輩方を手本にして仕事を覚えていく。既存顧客だけでなく新規開拓も行って成果を上げる。
4年目
神戸営業所に異動。輸送のみならず倉庫販売も担当し、ロジスティクスの基本を学ぶ。また、半導体業界の顧客を担当し、変動が激しい市場の難しさを痛感。所長を補佐して営業所運営の基本を覚える。
7年目
京都営業所に異動。売り上げ拡大のために先頭に立って活動する。メディカル分野の新規開拓などを積極的に行い、業績が大きく伸びる。繁忙期には自らがフォーク作業を行うことも経験。
10年目
港営業所に異動。顧客数が多く、同時にスピーディな対応を求められることも多くレスポンスの大切さを学ぶ。その後、中央区の管轄も兼ねた新東京営業所になり引き続き勤務。
15年目
新しくできた京都営業所彦根分室の責任者として赴任。半導体製造装置の物流システムの構築に奔走。滋賀県内に複数ある顧客の委託工場と連携しながら効率的な仕組みづくりに成功する。