Total logistics solution

沿革

昭和23年 5月
(1948年 5月)
近畿日本鉄道株式会社業務局観光部として航空貨物の取り扱いを開始
昭和30年 9月
(1955年 9月)
日本ツーリスト株式会社との合併を機に社名を近畿日本ツーリスト株式会社に変更
昭和45年 1月
(1970年 1月)
近畿日本ツーリスト株式会社から航空貨物事業部門が分離独立し、 航空貨物専門業者近鉄航空貨物株式会社として設立。 同時に、利用航空運送事業(混載業)の免許を取得し、国内混載貨物の取り扱いを開始
昭和64年 1月
(1989年 1月)
株式会社近鉄エクスプレスに社名変更
平成10年 11月
(1998年 1月)
株式会社近鉄エクスプレス九州を設立
平成11年 6月
(1999年 6月)
株式会社近鉄エクスプレス北海道を設立
平成11年 10月
(1999年 10月)
東京都品川区八潮に東京ターミナル竣工。
延べ床面積8,439坪を有する総合物流ターミナルとして稼働
平成12年 9月
(2000年 9月)
大阪証券取引所 ナスダック・ジャパン市場へ上場
平成13年 9月
(2001年 9月)
東京ターミナルにおいて環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得
平成14年 5月
(2002年 5月)
東京証券取引所 第二部へ上場
平成14年 10月
(2002年 10月)
株式会社近鉄エクスプレスから国内営業部門を分割により分社し、株式会社近鉄ロジスティクス・システムズを設立
平成15年 7月
(2003年 7月)
環境ソリューション事業及び梱包・発送事業を専門に行う新会社”株式会社近鉄エコロジスティクス”を設立
平成19年 7月
(2007年 7月)
主要施設において品質ISO 9001:2000の認証を取得
(その後、協力会社を含め現在も取得箇所を拡大中)
平成20年 3月
(2008年 3月)
株式会社近鉄ロジスティクス・システムズが株式会社近鉄エクスプレス北海道、 株式会社近鉄エクスプレス九州、株式会社近鉄エコロジスティクスを吸収合併

このページのトップへ